銘柄解説:安定と安心を求める投資家のための選択肢: BIL(SPDR Bloomberg Barclays 1-3 Month T-Bill ETF)への投資ガイド

安定した投資の魅力 投資の世界は広大で、様々な選択肢があります。しかし、特に現在のような不確実性の高い経済状況下では、安定した投資が魅力的に映ることでしょう。今日は、初心者から中級者の投資家にとって、安定性とアクセスの良さを兼ね備えた投資先として、BIL(SPDR Bloomberg Barclays 1-3 Month T-Bill ETF)を提案します。 投資対象の提案:BILの紹介 BILは、米国の短期国債に投資するETFです。短期国債は、政府が発行する債券で、1~3ヶ月の短い期間で満期になります。 …

TBF and TMV
銘柄解説(米国):TBF & TMV

インバース型米国長期債連動ETFのTBFとTMVについて解説します! こんにちはCantomです。 こちらの記事ではインバース型の米国長期債連動型ETFであるTBFとTMVについて解説します。インバース型の商品は通常の銘柄と異なり、ベースとなる商品の価格が下落すると逆に価格が上昇するタイプの商品です。逆相関の銘柄ですが信用取引ではないので、株式の空売りのように、予測が外れてしまっても損失が青天井になるというリスクはありません。 インバース型の米国長期債連動型ETFのメリットとは? TLTとTMVの逆バージ …

TLT & TMF
銘柄解説(米国):TLT & TMF

米国長期債連動ETFのTLTとTMFについて解説します! こんにちはCantomです。 僕はFRBの政策金利の決定に注目しながら投資判断をすることを提案していますが、僕が扱う投資銘柄には米国長期債連動型ETFも入ってきます。ブル型のETFであるTLTとTMFについて解説するので、実際にトレードする前に参考にしてみてください。 どうして米国長期債連動型ETFなのか? 僕はTLTの様な債券ETFに投資をする際に次の様なメリットがあると考えています。 TLTについて 償還まで20年以上の米国債の価格変動と連動し …

ChatGPT
特集:ChatGPTを使った理論の検証 ー FRBの政策転換と債券価格への影響

金融政策が長期金利に与える影響についてもChatGPTに聞いてみた! こんにちはCantomです。 Cantomの投資理論の再現性について検証をするため、米国FRBの政策の影響についてもChatGPTを使ったテストを行ってみました。このFRBの金融政策へのアジャストメントは僕が基本に据えている経済サイクルを利用した投資手法の要なので、このChatGPTにダメ出しをされたら僕は投資家として失格です。優秀なAIのChatGPTからはどの様な回答が得られるでしょうか? 今回もとても興味深いコミュニケーションにな …

yield rates, 利回り, 金利
金利(3):日米金利差と為替トレンドの読み方

金利差のワナにご注意を こんにちはCantomです。 金利シリーズで債券についてかなり掘り下げてきましたが、日本の投資家に人気のUSD/JPYの為替レートの読み方について解説します。一般的にマクロ経済学では金利が高くなると通貨価値が高くなると教わりますが、為替レートの決定は基本的に相対的な問題になることに注意しないといけないと思います。そして債券(特に中期債の金利差)をマスターすることで為替レートの分析方法のレベルが格段にアップします。 FXトレーダーがやってしまう最大の間違い また短期金利が高いからとス …

yield rates, 利回り, 金利
金利(2):FRBの政策転換の時期を探る

FRBの金融引締め終了をチャンスに変えよう こんにちはCantomです。 FRBの金融引締め転換の時期を知ることは投資家にとって最も重要なことの一つです。これは船乗りが潮流を読むのと似ていて、目的地(利益)に至るために必要な手段を知る手がかりになるからです。今回は一般的に金融機引締めの転換点を見極める方法として有効だと思われる分析手法をいくつか紹介します。 歴史的に引締め終了時期は米国債投資の絶好のチャンスになります。 Cantom流のテクニカル分析 この方法は僕が独自に使っている分析手法で過去20年間に …

yield rates, 利回り, 金利
金利(1):長期金利と債券価格の変動

長期金利の仕組みを理解して上手に資産運用をしよう! こんにちはCantomです。 記念すべき第一回目の本記事では長期国債の金利と債券価格について解説をしていきたいと思います。 投資銘柄としては玄人向けなイメージが強い債券ですが、FRBのような中央銀行が積極的にコントロールをしている資産で、長期債の金利と価格の仕組みを理解できるようになると、とても手堅い資産運用ができるようになります。レバレッジを効かせたETFなども存在するので、安定した運用を望む投資家からリスク選考型の投資家まで仕組みを知っておいて損はあ …

もっと見る

What is contango? コンタンゴとは?
商品(3):コンタンゴとの付き合い方

こんにちはCantomです。 前回に続いてコモディティ(商品)の投資において最重要課題の一つ、コンタンゴについて解説をしたいと思います。このコンタンゴという現象は、バックワーデーションよりも頻繁に観察されます。付き合い方によっては非常に有利にトレードを進めることができるので確実に押さえておきましょう。 コンタンゴに関しても保有ポジションに与える影響を理解をしてから投資を始めないと大ケガをしてしまうことがあります。(案外コモディティ投資で大損をしてしまう理由はコンタンゴ効果によるものかもしれません。) それ …

ChatGPT
特集:ChatGPTを使った理論の検証 - バックワーデーションからコンタンゴへの転換

ChatGPTを使い過去のケースを検証する! こんにちはCantomです。 投資理論を話す時には再現性がとても重要です。僕はコンタンゴへの回帰が重要な意味を持ちうると2023年1月24日Tweetしていますが、何故このような発言をしたのかを過去データを使って検証するために人工知能のChatGPTを使ってみました。とても興味深いコミュニケーションになったので参考にしてみてください。現在のコンタンゴが過去の事例と同じほど大きな動きに発展すると断言できるものではありませんが、少なくともマーケットの需給バランスに …

what is backwardation
商品(2):バックワーデーションとの付き合い方

こんにちはCantomです。 皆さんは金原油や天然ガスといったコモディティ(商品)の投資はされるでしょうか? 僕はマーケットの状況によって投資することがあります。 最近はCFDやETFなどで手軽に始めることができますが、コモディティ投資を始める時にはバックワーデーションとコンタンゴに関してある程度の理解をしてから投資を始めないと大ケガをしてしまうことがあります。この仕組みを知らずに手を出すと投資する銘柄やタイミングによっては、投資額が全て吹っ飛んでしまうほどの危険性があります。 今回の記事ではそのなかでも …

demand destruction
商品(1):需要破壊と新たな成長の始まり

商品相場を観察して経済の体温を測れるようになろう! こんにちはCantomです。 今回は商品相場の中でもメジャーな原油相場の需要破壊を中心に考察をしていきたいと思います(天然ガスにも少し触れます!)。リスクを考えるとコモディティ投資を推奨するものではないのですが、商品相場について理解を深めることは債券相場についての理解を含める事と同じくらいに重要な意味があると思います。特に株式相場で底値を狙いたいと考えているタイプの投資家であれば、商品相場の需要破壊という現象を押さえておくと投資家として見える景色が少し変 …

もっと見る

yield rates, 利回り, 金利
金利(3):日米金利差と為替トレンドの読み方

金利差のワナにご注意を こんにちはCantomです。 金利シリーズで債券についてかなり掘り下げてきましたが、日本の投資家に人気のUSD/JPYの為替レートの読み方について解説します。一般的にマクロ経済学では金利が高くなると通貨価値が高くなると教わりますが、為替レートの決定は基本的に相対的な問題になることに注意しないといけないと思います。そして債券(特に中期債の金利差)をマスターすることで為替レートの分析方法のレベルが格段にアップします。 FXトレーダーがやってしまう最大の間違い また短期金利が高いからとス …

yield rates, 利回り, 金利
金利(2):FRBの政策転換の時期を探る

FRBの金融引締め終了をチャンスに変えよう こんにちはCantomです。 FRBの金融引締め転換の時期を知ることは投資家にとって最も重要なことの一つです。これは船乗りが潮流を読むのと似ていて、目的地(利益)に至るために必要な手段を知る手がかりになるからです。今回は一般的に金融機引締めの転換点を見極める方法として有効だと思われる分析手法をいくつか紹介します。 歴史的に引締め終了時期は米国債投資の絶好のチャンスになります。 Cantom流のテクニカル分析 この方法は僕が独自に使っている分析手法で過去20年間に …

もっと見る

no image
銘柄解説(米国):SH, SDS, SPXS

米国株式インデックスS&P500に連動するベア型ETFについて解説します! こんにちはCantomです。 この記事では人気の米国株式インデックスのS&P500に連動したETFを3種類紹介します。正の相関があるブル型と負の相関があるベア型の商品にわかれますが、この記事では負の相関があるSH、SDS、SPXSについて解説します。ベア型のETFはS&P500(SPX)インデックスが下落した時に価格が上昇するタイプの商品です。長期保有は絶対にしてはいけない性質の商品ですが、上手く利用すると …

SPY, SPUU, SPXL
銘柄解説(米国):SPY, SPUU, SPXL

米国株式インデックスS&P500に連動するブル型ETFについて解説します! こんにちはCantomです。 この記事では人気の米国株式インデックスのS&P500に連動したETFを3種類紹介します。正の相関があるブル型と負の相関があるベア型の商品にわかれますが、この記事では正の相関があるSPY、SPUU、SPXLについて解説します。S&P500インデックスに含まれる会社は、非常に強い会社なので安心感が高いので積み立て投資の対象としても人気です。 S&P500インデックス連動型E …

もっと見る